スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カワセミ

今日はカワセミと言う野鳥に関してのお話です。

カワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科、長い嘴で

水辺で魚や甲殻類とか食べる、体長17cm程の鳥です。

雌は嘴の下側が赤っぽく、雄は上の嘴と同じ黒色です。

青や緑、オレンジと色鮮やかで翡翠(ヒスイ)と書いてカワセミと読んだりします。

清流の宝石とか言いますが、実は都会でも良く見られ

この鳥を見かけて野鳥カメラマンになる人も多く

首都圏の自然公園とかでは、カワセミ狙いのカメラマンを沢山見かけます。

このカワセミ。観察、撮影するなら山間部より都市公園の方が

断然近くで見られます。清流のカワセミはロケーションは素晴らしいですが

警戒心が高く、近くで撮るのは難しいですが、都市公園のカワセミは

近くを散歩の人やジョギングの人が多く通るせいか人に慣れて

数メートルの至近距離でも平気な個体も居ます。

これは人の近くに居た方が、天敵の猛禽から襲われにくいと言うのも

理由の一つらしいです。

都市公園は交通の便が良いので多くのカメラマンや観察してる人が居ます。

中には、岸辺に枝を刺して自分の近くにカワセミが止まる様にしたり

その枝の下にカップを固定してその中に小魚を入れて

自分で設置した枝の上で小魚を食べるシーンを撮ろうとする人さえ居ます。

これが違法かと言われると微妙ですが、野鳥であるカワセミを

近距離で良いシーンを撮影したいと言うエゴで生態を変えてしまうのは

良くない事で、それはもはや自然では無いです。

自ら餌付けしなくても餌付けしてる人の後ろで観察、撮影してるのは

同じ事です。絶対に止めましょう。

自然は自然まま手を加えず楽しみましょう。


さてカワセミを小川や自然公園の池などで観察、撮影する時の

注意点などを幾つか挙げます。


1: これは野鳥全て言える事ですが、カワセミを見つけてもいきなり近寄らない。

2: 観察、撮影に夢中になって他の利用者や通行人の邪魔にならないようにする。

3: 観察、撮影中、カワセミの近くを人が通ってカワセミが飛んでしまっても注意
したり、文句を言わない。観察、撮影者だけの場所ではありません。

4: 近くに止まるようにと、岸辺に止まり木を設置したり、自然を加工しない。

5: 餌付けをしない。(当然です)

最後に、僕が撮影したカワセミの画像と動画です。(*^^*)

お楽しみ頂けたら嬉しいです。

P1265341カワセミ雄
P1265341カワセミ雄 posted by (C)とちたん
カワセミ雄

カワセミ食事ハイスピード動画

カワセミ飛び込み
スポンサーサイト

野鳥観察、自然散策のマナーについて

 
今日はバードウォッチングや自然観察のマナーについて

お話しますね。

これまで、二箇所の探鳥地を紹介しましたが

それじゃあ、週末にでも行ってみようって方も居るかも知れません

その時のマナーと注意事項を挙げます。


1: 野鳥は、静かに見ましょう。

綺麗な鳥が目の前に居たら思わず声を上げたくなる気持ちは分かりますが

驚いた鳥が逃げてしまう事もあります。せっかく撮影しようとしてた人は

ガッカリするでしょう。

動画を撮ってる方も居るかも知れません。

人の声ほど嫌なノイズは無いので

出来るだけ静かに観察しましょう。

どうしても話したい時は、小声で短時間で済ますのがマナーです。


2:先行者の邪魔をしない。

先に観察や撮影してる方が居たら、撮影が一段落してから

挨拶して、その方の邪魔にならないように観察、撮影しましょう。

横で観察撮影する時も一言言ってから。


3:喫煙は基本NGです。

場所に寄っては喫煙スペースが設置されてる所もありますが、

喫煙は控えるべきだと思います。

屋外では、喫煙スペースから流れるタバコの煙は際限なく流れて

喫煙しない人を不快にします。

自然豊かな場所で深呼吸してたらタバコの煙が流れて来て

吸い込んだらどんな思いをするか考えましょう。


4:餌付けや録音した野鳥の声を流すのは止めましょう。


餌付けして野鳥を近寄せて大きく撮りたいのは分かりますが

餌付けで太り、警戒心をなくした鳥が、カラスや鷹に襲われたり

渡りの時期なのに餌で引き止めて渡りのタイミングを逃す鳥も多いと聞きます。

野鳥のさえずりや鳴き声は、繁殖や警戒、連絡等、野鳥の大切な言葉です。

それをバードコールや録音した鳴き声で乱すのは良くないと思います。


5:自然を壊さない。


観察撮影に邪魔だからって枝を折ったり切ったりするのは言語道断

花や野草を抜いて持ち帰るのは止めましょう。

自然の中で頑張って咲いてるから綺麗なんですよ。

美味しそうな果実が実っててもそれは鳥や野生の生き物達の分です。

自然のフィールドから持ち帰って良いのは撮影したデータと思い出だけ。

長くなったけど最後に

人に優しく自然に優しくです。(*^^*)



アクセス

プロフィール

Author:とちたん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。